J1 第2節 大宮アルディージャ×サンフレッチェ広島

0-1で広島が勝ちました。

むし暑くて、連戦で、だいたいどのチームも体が重い感じになってきていますが。
今日の大宮は結構パスが回って、サイドやFWのダッシュもきいてました。

しかし、セットプレイから盛田の久しぶりのゴールで広島が先制!
サッカーってわからないものです。

前回のガンバ戦の5失点と、アウェイと、加えて連戦ということもあったかもしれませんが。
今日の広島は攻撃は無理せず、終始守ってカウンター気味でした。

前半から大宮のはつらつとした動きにやられてしまっていた広島ですが、めずらしく前半のうちに選手交代で青山を投入。
これがうまく効いて、なんとか押し返すことができるようになったのですが、このペトロビッチ采配が、今日のすべてだったかなあと思います。

盛田の得点は、あのとき大宮が誰もついてなかったんですよね。
元FWとして、そりゃ決めますよ。

西川が与えたPKですが、よく止めましたねえ。
今日は、なかなかコンタクトには厳しいジャッジでしたけど、あれはボールが大宮選手の足の内側でしたから、ファールでしょう。

大宮は、飛びぬけて、ということではないんですけど、ずーっと変わらず安定したチーム力を維持してます。
経営陣がよいのでしょうね、新潟とかもそうですけど、これはすごいことなんですよ。
石原、村上という選手が目立ってましたけど、最後に入った藤本(元広島)も、状況に合わせた早いプレイがよかったと思います。
昔のような強引なドリブルも見てみたい気はしますけど。

とはいえ、こんなに自分たちのサッカーができない広島。
思い切って若手を使いましょうよ。
石川、丸山は十分いけます。
やや不安のある清水や大崎だって、試合に出ることですぐ成長するような年齢なので、思い切って。
(H23.7.3)