J1 第26節 サンフレッチェ広島×ジュビロ磐田

■J1 第26節 サンフレッチェ広島×ジュビロ磐田

3-1でサンフレッチェが勝ちましたー。

なんか、久しぶりにすきっとした勝ち方でした。
まあ、もちろん失点もしたし、前半途中からは押し込まれて何もできなかったりしたのですが。

点の取り方がよかったです。
ミキッチがんばってクロス→1人がファーからニアへ走る、もう1人がファーで合わせてシュート→GKはじく→少し遅れて中央にいた忠成がダイレクトシュート!

まあ、解説の吉田さんはミキッチ個人の力のようなことを言われていましたが、ちょっと違うと思います。
ミキッチがあれくらいやることは、チームの中で認識されているし、それを含めて戦術が成り立っているわけですからね。
それに上に書いたように、ゴール前での連携あってこその得点ですし。

2点目はどちらかというと磐田のDFがあせって勢い余ってすべって・・・という感じだったので。
たしかにこれはミキッチの突破がよかったわけですけど。

那須は、左サイドは久しぶりだったのでしょうか。
若い時に代表で左もやっていた気がしますが、チームではほとんど中央をやっていますね。
サイドで縦をつよく意識して守る、というのはとても難しいことです。
たとえば、那須ではなくあえて駒野を左に、という考えもあると思います。
那須はどちらかというと広く丸く動くようなタイプだと思ってますので。

3点目、忠成のヘディングはよかったですねえ。
DF2枚の後ろから飛び込んで勝つっていうのは、すごいですよ。

後半は守備も回復したし、青山もかなり復調したみたいだし。
ただ石川は、せっかく出たのだからもっと自分で仕掛けていってほしいですね。
当初はドリブルももっとやっていたと思うのですが、最近はタイミングを計るようなプレイが多い気がします。
それもいいのですが、誰もが同じプレイで同じリズムでやっていてはダメで、サイドはアクセントと、直接攻撃の起点になってほしいですからね。

まあ、また前田にやられた感はありますが、今回はハーフタイムや選手交代も含めて、広島がいい試合をしました。
(H23.9.18)