J1 第1節 サンフレッチェ広島×浦和レッズ

1-0でサンフが勝ちました!

いやあ、開幕戦で相手は浦和レッズ。
非常に楽しみにしていたんですが、見に行ってよかったです。

形は3-4-2-1。
先発も実績のある千葉、石原が変わって入った感じで、見た目は昨年までと変わりませんね。

しかし、サブメンバーに今期の意気込みを感じましたよ。
若手と新しく獲得した選手ばかりでした。

内容はまあ、初戦ということもあってまあまあ、という感じでしたけどね。
特に序盤はロングパスばかりだなあ、という感じでした。
でも石原も千葉もいい動きをしてて十分「行ける」と思いました。
千葉はきれいな感じ、石原は広く動いてゴール前は素早くどろくさいnていう感じでしょうか。
2人ともときどきよくないプレイがあったですが、周りが見えてなかったのか、そのときサンフのリズムについていけてなかったのか。
まあわかりませんけど、全体的には何も問題なく入っていたと思うし、今後どんどん自分を出してよくなっていってくれたら、もっとよくなると思いました。

今日は特に森脇と寿人が、前に行くプレイが多かったですね。
寿人は本来のゴールへ回り込むような早い動き出しが多かったし、めずらしいミドルシュートもあったし。
森脇も積極的に上がってドリブルで切り込んでました。

そして森崎和ですが、ボールと人と流れを読む力はさすがです。
ここ一番で力強い守備もできるし、全員の潤滑油でもあるし、やはり安心というか心強いですね。
ただしゴール前が空いてるときは、迷わずシュートしてほしいですが;

ミキッチも時間を追うごとによくなってさすがだなという感じでしたが、かなり警戒されてましたね。
まあ相手がペトロビッチ監督なので当然ですが、広島の攻撃の要のところをよく抑えられていました。
まあそれでもかいくぐっていいパスを出してましたけどね。

浦和ですが。
田中達也は、やはりいい選手です。
後半出なかったのは調子がよくなかったからなのか、戦術的なものなのかわかりませんけど。
阿部がCBだったことと、達也が前半だけだったこと、また何よりペトロビッチのサッカーがまだまだ浸透していなかったことが、今日の結果なんだと思います。

柏木は要所要所はいいプレイをするんですが、まだチーム全体をコントロールする存在ではないですね。
もっとがんばってほしいです。

槙野は、まあこっちもわかってますから、てのはあるんですけど、まだまだだったと思います。
上がってきても決定的なことをできてなかったですね。
サンフの選手がうまく抑えていたこともありますが、まだチームになじんでない気がしましたね。
いい意味での「俺様」になっていません。
試合の後、こっちへやってきてサポーターに礼をして歩いたのですが。
数か所で、止まって何も言わずに礼をするだけだったのですが、シンプルですごく好感が持てる行動だったと思います。

しかし浦和のサポーターはすごいですね。
今日はサンフの客も多かったからいいんですけど、あの一致団結力はすごいと思いました。

ということで、今日は勝ったので、それですべてOKだと思います。
次の試合もがんばってください。
(H24.3.10)