J1 第25節 サンフレッチェ広島×ベガルタ仙台

2-1で広島が勝ちました!

再び首位ですよ。
仙台の前線は1人1人がとても怖いですね。
太田、赤嶺、ウィルソン、そしてリャン。
西川のよいセーブがあり、バーに救われながら結局1失点でしたが、まあしょうがないでしょう。

それよりもフィールド全般にわたってどこも穴がなく、目いっぱい走り回って、攻撃をやりきったというところがよかったです。
簡単に言えば、みんながんばった、それがとてもよく見えた。
ということで。
ほんとに無駄な時間が少なく、速くてワイドな展開もあっていい試合でした。

今季初得点の和幸ですが、得意の低いミドルシュートが相手にあたってゴールへ。
どんな形でも、どんな意識であってもシュートを打つ、という当たり前のことをしたというのが、いい結果になりました。

いやしかし、今日のMVPは高萩でしょう。
高萩のいい面ばかり出ていたように思います。
密集地帯でもボールを持ち、びっくりするような華麗なパスを出し、ゴール前に入ってシュートを打つ。
いやあ、年々成長して、いまは広島の攻撃の中心となりました。
今日のゴールは、久しぶりに泥臭く倒れこみながらでしたが、でも最後まで気を抜かずに丁寧に打ったシュートでした。

仙台は、シュートだけですかね。
いつもはどうかわかりませんが、今日は浮いたりちょっと横にそれたり。
そのほんのちょっとの違いだけかなと思いました。

GKの林は、元広島ですが、ハイボールには恐ろしく強く、反応が早く、取ってからキックまでは早く、そしてそのキックがちゃんとパスになっている。
というすごい選手でした。
当時は低いシュートとか、手元のあたりが弱かったんですけど、いいGKになりましたね。

まあ、1位争いにふさわしい、両チームともに1人1人がみんな「勝ちたい」という気合いを存分に見せてくれたいい試合でした。
(H24.9.15)