2013J1リーグ 第2節 アルビレックス新潟×サンフレッチェ広島

1-2で広島が勝ちました!

いやあ、よかったです。
新潟は前半に1人退場したんですが、広島は人数の差をうまく使うことでできませんでしたね。
マイペースぶりには困ったもんです。。。

後半の最初は塩谷が積極的に上がっていってよかったんですど、ちょっとそれだけだったかな、という印象です。
守備への切り替えとか、新潟の攻撃の変化に対しての対応はよかったですね。
特に和幸、山岸は非常に細かく状況を見ていろんな変化をつけていたように思います。

しかし、後半に入れる切り札がいないのが気にかかります。
今日はとくに平繁や大崎を後半に入れると効果的だったのではないかと思いますね。
今は清水だけですかね、ドリブルで変化をつけられそうなのは。

しかし新潟はみんなまじめで気を抜くシーンがなくて、なかなか崩すのが難しいチームです。
達也が交代ですぐ下がったのは残念でした。
キムクナンはちょっとやばいです。
あと菊池はやっぱりいい選手ですね。

広島は交代で入った石川があまり効いてなかったこと、前線で少しキープしてほしいときにそういう選手がいないことが、反省点ですかね。
あの広島の2点目ですが、TVではななめだったのでわかりにくいですが、オフサイド疑惑とGKへのファール疑惑は審判にまかせるしかないですね。
ないようにも見えるし、あるようにも見えますが、あのシーンであれば副審が見ていないはずはないでしょう。

あと、終盤に押し込まれたときに安易に蹴りすぎです。
確かにそういうときも必要ですが、今日はあまりにも目標を定めずにとりあえずクリアが多かったために、さらにピンチを招いていました。

ということで、高萩カンバック!
あと意外に津並は解説がうまい。こっちに専念したらいいんじゃ。
(H25.3.9)