2013J1リーグ 第3節 清水エスパルス×サンフレッチェ広島

0-4で広島が勝ちました!

いやあ、わかりました。
サンフレッチェ = 高萩。

1点目はほんとうにすばらしい、サンフらしい緩急のある1タッチパス交換からの得点でした。
裏に抜け出た石原の、ぎりぎりでGKをかわしてシュートもすごく身体も技術も両方高いレベルで、見ていてほんとに楽しかったです。

ミキッチのフル出場もうれしいし、山岸と両サイドがすごく激しく崩していました。
青山+高萩の中盤は世界が違いますね。異次元のようです。

また、今日は和幸が全く目立ちませんでしたが、それこそ完璧な試合をした証拠です。
影となって中盤とバックの間を隙間なくうめることができるので、みんな思い切って前へ行けるんですね。

清水はちょっとわかりません。
誰がどうこうではないような。
でも誰も最後まで試合を投げ出したプレイをしなかったので、もうちょっと監督を信じてみるのでいいと思いますけど。
岡根はちょっとかわいそうでしたね。前からだったので警告じゃなくてもよかった気がします。
今年のジャッジは手とか不用意な接触に厳しくするとのことではありますが、目標がどこなんでしょうね。
とにかくきびしく取る、というのではレベルアップにはならないと思います。

まあサンフは、けが人が帰ってきて、2週間ゆっくり練習できたらこのような試合ができる、ということでしょう。
ちょっと安心しました。
今日は魔法のようなサッカーが見れて非常に楽しかったです。
(H25.3.30)