2013J1リーグ 第7節 ジュビロ磐田×サンフレッチェ広島

0-2で広島が勝ちました!

いや、開始5分の得点はよかったです。
2人であれだけつめていくようなやり方は、今まで広島はやってこなかったので新鮮でしたね。

最近の広島は、守備のときちょっと安易に蹴りすぎだなあと思っているのですが。
磐田のCKが多かったんですが、チームによってはほんとに怖いので、蹴らずにもうちょっとつなぐほうがいいんじゃないでしょうか。
まあ、完封勝ちなんでいいんですけど。

高萩はうまいこと抑えられていましたが、でもそれをかいくぐって、ときどきファンタジーなプレイをしていて、いいアクセントになっていました。
前半は磐田のいきおいに負けていたというか、がまんがまんでした。
まあ、よく守りましたよ。

松浦、山田はよく動くし何度でもくるので、ちょっと怖かったです。
あの金園はすごいと思いました。
今日は広島の守備陣が守りきりましたが、チャンスでは必ず1タッチでシュート(しかもほとんど枠内)してくる姿勢はすごいです。
それと関係ありませんが、「こばやしゆうき」という選手が2人いるのですね。これもすごい。

いやあ、選手交代がうまくいったか、いかなかったか、というのは半分は運です。
磐田は交代後に情勢が変わってしまいました。
そこで、じゃあどうする?というのが選手自身でできなかった。
広島は基本的に交代してもやり方は変わらないですから。
野津田はうまいなあ、、、変なタイミングのフェイント、抜いた瞬間誰も予想できない早いタイミングでのクロスボール。
いっしょに練習してないとわかんないですよ。
あれを合わせた石原、おみごと。
ゴールぎりぎりの隅っこでしたね、この得点は川口じゃなくても止められないでしょう。

あ、それと塩谷の反転シュートもありましたが、なんでもない流れのなかであの位置にいて、そしてFW張りのシュートをするのって、かっこよかったです。
やっと調子にのってきたーって感じですが、ACLですか。
若手で行ってきてください。
(H25.4.20)