2018/5/6 まなみのりさライブについて

夢みるアドレセンスさんとのツーマンズライブに行って来ました!
広島バックビートのチケットが事前に売り切れた、ということでおめでとうございました。

◾まずは夢アドさん。
名前を聞いたことがあるくらいでしたが、全体的な印象は、若くて元気で勢いがあって、リーダー中心に一直線に走っているチームのように見えました。

赤/白の人(リーダー)は喋りもいいし、声も特徴的だし、しっかりしていますね。
銀/黒の人は特に元気で、見ていて楽しいです。
水色/白の人は、マイペースなんですかね。時々やる気なさそうな表情やルーズな動きがあるんですが、でも後半だんだんよくなってきました。
しかし不思議なもので、一番お気に入りは、その水色/銀の人なんですよね、、、なんかいいです。

正直、歌はまだまだですが、まぁ10年前のまみりもそうだったので、今後の伸びしろに期待します。
曲は、ひまわりのなんとかっていう曲がよかったですね。
曲紹介のときに夢ともさんから「おー」っていう歓声が上がってましたが、なんかの記念の一曲なのでしょうか。
フラワーフェスティバルにかこつけて、広島でのツーマンライブ、お疲れさまでした。

◾そして、まなみのりさです。
前回は2017/12/24フェニックスホールだったので、4ヶ月半ぶりです。

登場は、夢アドさんの最後の曲の途中で自然に乱入してきたのですが、これでこそのツーマンですよね。
こういうのは見てて楽しいし、気持ちが上がりますね。

全体的な印象としては、綺麗でバランスがとれててかっこよく美しい(いつもどおり)、です。
ただしみのりさんが若干不安定だったかな、と。
歌い出しとか、何回かちょっと音程が微妙だったところがあったように思います。
曲の勘違いとかの小ボケは、まあ普段からあるといえばあるんですけど、今日のはゴールデンウィークの疲れがまとめて出ていたように感じました。

最近は knock、オレンジ、宿題がセットリストに入ってることが多いような気がします。
knockもいいけど、オレンジはイントロのブレイクやまなみさんラップ→りっちゃんサビへの受渡しなどが最高ですね。
knock、ココロト、byebyeバイナリと、回る曲が多いのもよかったです。

まみりは速いロックからメロウからシャッフルからスプラッシュからEDMまで、本当に広いジャンルをやっているのがいいですね。
これは誰かにまみりを「一言で説明しづらい」というデメリットはあるんですが、歌手としてはいいことだと思います。

3人の歌声はそこまで特徴はありませんが、綺麗に折り重なって空間全体に溶け込んでいく、そんな感じでした。
会場で聴きながら、ふと考え事をした時があったのですが、これはまみりの歌と振付けが曲調やリズムと合っててハーモニーも合ってて音量もちょうどいいからなんだろうと、思います。


◾以下はその他改善要望等です。
---
最後が宿題で終わるのはどうなんだろう?、と思いました。
宿題は去年の事件のことを強く思わせる歌詞なので、(忘れる必要はありませんが)最後に持ってきてほしくないです。
個人的には、ライブの終わりは、勢いのある前向きな曲でみんなで一体になってワクワクして帰りたいです。
---
声の低音が少し足りないと思いました。
ローをカットし過ぎではないかと。
みのりさん、まなみさんは低音も魅力なのでもうちょっとローを上げたほうがいいと思いました。
---
特典会ですが、今のやり方だと一般人(ライブハウス初心者やアイドル初心者)にはハードルが高いと思います。
まず特典会の「特典」の意味がわかりません。
単にグッズ販売だと思うのですが、何が特典なのでしょうか。
特典会という言い方では一般のチケット以外の何かを持って(購入して)いる人に限られるもの? と思うかもしれません。

そしてライブ終了後、どこで何分後くらいから始まるのかわかりません。まあ、ステージに机を運んでいたのでなんとなくわかりますけど。

MCを覚えていたら、少なくともDVDや次回ライブのチケットが販売されるだろうと推測されますが、特典会についてはっきりとはアナウンスされていません。
決まった客だけ集まればいい、というのであれば今のでいいですが、おそらくそうではないはずです。

アイドル系の人たちは写真撮影や握手やサインを売るので、よけいわかりにくいんですよね。
大手の歌手がホールでやる場合と比較し、「ライブハウス独自」と「アイドル独自」の部分を抜き出して、わかりやすく提示してほしいです。
公式ウェブサイトや入口などに、そういったメニューと手順が示されてないことが、大きな不安要素なのでなんか考えてほしいです。
---
チケットは何枚販売したのでしょうか。
会場は大変な人混みで、立ったまま2時間動けないという、ちょっとチケットの販売枚数がおかしいんじゃないの?と思いました。(これはバックビートさんに考えてほしいことですが)

まあ、全く動けないわけでもないですが、あの状態では最前列が後ろに倒れたら、後ろの人は怪我しますよ。
それに、まみりは客のほうに入っていったりするし(こっちも期待してる)、あの状態ではそれが出来ないので、一つ個性が死んでるかなーと、思ったりもしました。

集客は大事ですが、安全性とまみりライブの在り方とのバランスをとってほしいです。
---

今日は最初は特典会見てみようかなと思ってたんですけど、人が多いし時間がかかるし、宿題で少し気持ちが下がったので帰ってしまいました。
僕の気が弱いというのもあるんですけどね。(^ ^;
すいません。。。

とまあ、少し思うことはあったものの、夢アドさん含めてライブは楽しかったです。
ライブの楽しみの一つに、「前の方にいるコアなファンを観る」というのがあるんですが、夢ともさんもアツくて礼儀正しくてよかったです。
全力を尽くす人たちを見てるのは楽しいですね。