J1 第33節 サンフレッチェ広島×大宮アルディージャ

■J1 第33節 サンフレッチェ広島×大宮アルディージャ

4-2でサンフが勝ちました!

いやあ、最初はちょっときびしい感じだったんですけどね。
前半途中からどんどんよくなっていきました。

広島は、なかなか守を固められると点がとれないんですけど、今日は粘り強くパスを回してチャンスを作りました。
思いのほか、トミッチが機能していましたねえ。
今年限りというのが残念です。
ちょっと体力が心配ですが、プレイはクレバーで、引きつけて味方につなぐシーンが何度もありました。

広島は、それにしても、最後の1失点がいけませんね。
まあ攻撃的なサッカーだし失点しても相手より多く点を取って勝つ、という意識でやっているのはわかっているんですが、でもあれはいけません。
大宮のカウンター、特に石原とイの技術とセンスは高いのでしょうがないのかもしれませんが、でもいけません。

それ以外は、ほんとによかったです。
トミッチのFK、狙いもよいし技術も正確ですね。
寿人の1点、これで今年も2ケタ得点、おめでとう。
ただもう2点は取れてたんですけど。
忠成もこれで15点め、次もお願いします。
青山は久々で、らしい冷静な技ありゴールでした。

個人的にはマンオブザマッチはトミッチかなあ、と思いましたけど。

大宮は、よくがんばっていたので残念でした。
今日は寿人が良すぎたのでしょうがないかもしれませんが、直前にも警告をもらっていたので、気をつけないといけなかったのですが。
つい体が動いたのでしょう。
前半で1人いなくなると、後半の途中でがたっときますからね。
大宮はだいたい、いつも堅実でうまくまとまっている印象でしたけど、今期の順位はこういうところが物語っているのかな、と思いました。

今期限りで退団する選手です。
 ムジリ
 トミッチ
 高柳
 盛田
 服部
外国人2人はしょうがないとして、あとはなんとも言えないですね。
チーム若返りの意味もあるのでしょうけど。

・服部
18才のころからずっと広島の左サイドでしたからね。
山岸がいるとはいえ、守備重視かつ外からのクロス、という意味ではまだまだどこのチームにも負けてないです。
300試合(でしたっけ?)連続出場、それは普段の努力がものすごく質の高いものだと思うのです。
サッカーに取り組む姿勢とか、たまのインタビューとかから受ける人間の印象が、とてもよい選手でした。

・高柳
怪我から復帰して、さあ来季は!と思っていただけに残念です。
たしかに居場所がなくなってきてる感じはあるんですが、あのキープ力、苦しいところで個人でがんばって前に進めてくれる気力と体力は魅力でした。

・盛田
FWからDFへ転向したときはびっくりしましたが、性格面でもプレイの質でも、DF向きですよね。
1試合とおして出場はちょっときついようでしたけど、ハイボールをことごとく跳ね返す高さとヘディング技術はすばらしいです。
それと、ドリブルで上がってつないだり、キープしたり、戦術眼も落ち着いていて、違う面も見れたのがよかったです。

来季、みんながどうなるかわかりませんが、まだまだ現役でがんばってほしいです。
今日は、ペトロビッチも参加してのゴール後パフォーマンスが一番よかったですねえ。
あと1試合、サンフらしいサッカーで勝ってほしいです。
できれば若手を使ってね。
(H23.11.27)

"J1 第33節 サンフレッチェ広島×大宮アルディージャ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント